• ホーム
  • 車検
  • オイル
  • エアコン
  • 板金
  • ごあいさつ

TOP > オイル

オイル (エンジンオイル)

車に付き物のオイル交換 車のオイル、そのオイルで本当に大丈夫ですか? 南自動車は車の整備・販売を通して、何が一番お客様にとってメリットが出るのかを考えてご提案をしております。コストとお車のパフォーマンスのバランスが大切です。

オイルの交換時期は3,000km? それとも5,000km?

オイル交換時期
よくある質問に何キロでオイル交換を実施すればいいの? と言うのがあります。
3,000kmなのか? 5,000kmなのか?
日本で販売されている多くのオイルの寿命は5,000km以下で設計されています。
ですから、使い方によっては、3,000km以下になってしまう事もしばしば。

なぜかと言うと、車のエンジンの状態、使用環境等で、オイルの寿命が大きく変わるからです。
街でしか車に乗らない方と、モータースポーツで使用するのとでは、同じオイルを使用しても寿命が違うのと同じ。 絶対という事がないのです。

オイルの交換時期

走り方が違えば、オイルの寿命は違う

交換の目安として、メーカーが5,000kmで交換しましょうと言っているのです。
5,000km交換は、あくまで"目安"なんです。
「5,000kmで交換すれば、大丈夫!」なんて思ってるのは、実は危なかったりします。
自分が使っているオイルがどのくらいの寿命なのか?を知る必要があるのではないでしょうか?

例えば
レーシングオイル。
このオイルはレースをするために作られたオイルですから長くても24時間持てば良いわけです。
距離にして2,000kmぐらい持てば良いわけです。

走りを重視したオイルほど寿命は短い。
だから交換直後は調子がいいが、2,000kmも走るとノイズが多くなったりレスポンスが悪くなるんです。
高価なオイルですから、交換サイクルを長くできると思っていると大間違い!

買い物専用で短距離しか走らないからオイルに負担が少ないと思っている方も多いようです。
この使い方は逆にオイルの劣化を早めることになります。
なぜなら、オイルは油温100℃で設計されていますが買い物や送り迎え程度だと、エンジンが暖まるまえに目的地に着いてしまいます。
その間、エンジンはチョーク(冷えた状態のエンジンは燃料を多く送り込まないと、 エンジンが不調になる) がかかった状態で走るわけです。
燃料が濃い状態です。
当然濃い排気ガスが出ます。
その排気ガスがオイルに混入しますから、オイルは汚れるのが早くなります。
そして、水分が蒸発することなく、混入していきます。
(水の沸点は100℃だけど、100℃にならないと水分が残る)
では自分が使っているオイルの交換タイミングの見極めが大切になりますね。

このページのTOPへ戻る

エンジンオイルに必要な性能 それがエンジンオイルの基本性能!

良いエンジンオイルの定義とは以下の作用バランスの良いエンジンオイルのことです。
潤滑作用
密封作用
冷却作用
緩衝作用
防錆作用
清浄作用

エンジン部

エンジンオイルの働きと言えば、エンジン内部のたくさんの金属の部品を、滑らかに動作させる、潤滑作用がまず浮かびます。

金属の表面に油の膜を作り、すべりを良くすることで金属同士の摩擦磨耗防止を行います。同時に燃焼ガスがエンジン内部に漏れないよう密封し、エンジン内部の衝撃を和らげる事も行い、エンジン内部の掃除も行っております。

このページのTOPへ戻る

お問い合わせ先

有限会社南自動車

〒319-0202
茨城県笠間市下郷4518

JR常磐線 岩間駅 徒歩1分 Map

お問い合わせフォーム

お気軽にお電話下さい0299-45-2333