• ホーム
  • 車検
  • オイル
  • エアコン
  • 板金
  • ごあいさつ

TOP > Q&A

Q&A よくあるご質問

ご質問一覧

回答一覧

Q1.
いつから車検を受けることができますか?
A1.
車検証に記載されている、検査満了日の1ヶ月前から受けることが可能です。
もし1ヶ月前に受けても、満了日からの2年間有効となりますので、有効期限が短くなることはありません。

ご質問一覧へ戻る

Q2.
適合標章とは、何ですか?
A2.
指定工場で車検を受けた場合に発行される、新しい車検証と検査標章が用意されるまでの代用品です。
有効期限は15日間となります。

ご質問一覧へ戻る

Q3.
車検は持ち込んですぐに作業してもらえるのでしょうか?
A3.
車検は予約制となっていますので、まずはご予約からお願い致します。
予定に空きが有れば当日でも予約可能です。

ご質問一覧へ戻る

Q4.
車検切れでも受けることができますか?
A4.
車検切れのお車でも受けることは可能です。
ただし、そのまま公道を走れないため仮ナンバーの取得が必要となります。その場合車検切れ手数料が必要になります。

ご質問一覧へ戻る

Q5.
車検のついでに修理などのご依頼もできますか?
A5.
修理や板金・塗装など車のことなら全て対応可能です。
車検の際、確認してお見積もりさせていただきます。

ご質問一覧へ戻る

Q6.
駐車違反等で車検に通らないって本当でしょうか?
A6.
1.反則金未納の場合、車検に通りません。
  • 反則金を納付していない状況ですと、車検証が発行されません。 心当たりのある方は、必ず車検を受ける前に反則金の納付を済ませましょう。
2.車検の時、反則金を納付していないことが判明したら
  • 車検証が発行されないため、後日再手続きする必要があります。その場合、別途手数料(約10,000円)を申し受けます。
  • 反則金未納で車検証が発行されてない場合は、1週間以内に反則金の納付をお済ませください。
  • 再手続きの期限までに納付が間に合わなかった場合、また新たに再検査が必要となります。
  • 再検査の場合、再度車検費用(税金、保険料は除く)が必要になりますので、必ず期限内での納付をお願いします。

ご質問一覧へ戻る

Q7.
どんな車だと車検に通らないの?
A7.
以下のような車は、そのままでは車検に通りませんので、事前にご相談ください。
  • 規定外・車検不適合パーツを装着した車
  • 車体からタイヤ及びアルミがはみ出ている車
  • マフラーの排気漏れ、エンジンオイル漏れが生じている車
  • 運転席・助手席にカラーフィルム等を貼っている車
  • フロントガラスにひび割れがある車
  • 最低地上高が9cm以下の車
  • タイヤのスリップラインが出ている車
  • エアホーンがついている車
  • 座席を外していて乗車定員が変わっているが変更手続きされていない車

ご質問一覧へ戻る

Q8.
ディーラー車検との違いは?
A8.
1日に数十台こなしてしまう大型店とは異なり、お客様の大切なお車1台1台しっかり気配りながら作業させていただいております。
車検指定工場ですので、工期も早く取り行えます。お客様のご要望を聞き入れ、整備内容の確認やご相談をさせていただきます。

ご質問一覧へ戻る

お問い合わせ先

有限会社南自動車

〒319-0202
茨城県笠間市下郷4518

JR常磐線 岩間駅 徒歩1分 Map

お問い合わせフォーム

お気軽にお電話下さい0299-45-2333